明治大学 商学部 商学科 合格

 name 直紀くん
 school 相洋

明治大学

私は高1の頃から受験に対する意識は人一倍強く、オープンキャンパスに参加したり受験情報をウェブで集めたりしていました。しかし、学力が伸び悩み、どう勉強していったら良いのか悩んでいました。そんな時、イエヨビさんから電話を頂き、講義内容の充実さや親しみやすいスタッフの方に惹かれ、受講を決めました。あのときの電話がなければ、今の大学には合格できていなかったと思います。

定期テスト完全攻略シリーズの講義は、受験基礎を固めることが出来ます。また、分野ごとに短時間でまとめられており、集中して受講できる上に、弱点克服にも役立ちます。スーパー講師の講義は、定期テストの講義よりも詳しく、受験に必要な内容をわかりやすく講義してくださいます。この講義は自分が完璧に理解できるまで繰り返し受講することができ、その上、復習にも役立ちます。私は分からなかったところを何度も受講して、克服しました。

受験勉強は、学力向上はもちろん、精神的な面も強くなります。勉強していると、自分が志望する大学の受験生達は、どの程度まで仕上げているのか不安になります。そんな不安を学校の友人と話したり、イエヨビさんからのメルマガや電話で和らげていました。しかし、模試の成績が返却される度、芳しくない数値を見て不安になることが多くありました。そんな時は、モチベーションを上げるため、大学のロゴを印刷して机の前に貼ったり、第一志望大学のパンフやホームページを見ていました。その度に、「自分は絶対、この大学に入るんだ!!」という強い意志を持っていました。マインドコントロールは本当に重要で、直前の模試でE判定だった志望大学には合格し、あまり気が進まなかったC判定の大学には落ちました。受験を通して改めて、その重要性を感じました。

受験を通じて得たものは、数え切れないほどありますが、特に親への感謝の気持ちは大きいです。私を私立高校に通わせてくれ、受験が出来る環境にしてくれたことには、感謝してもしきれない程です。これから受験生になる皆さんは、その気持ちを頭の片隅にでも入れておくといいと思います。

受験勉強は、辛く、苦しいことが多いです。しかし相手を知れば、そのレベルまで勉強していけばいい訳で、決して難しいことではありません。受験は勉強が第一だと思われがちですが、情報収集も大事だと思います。大学にも学校の定期試験と同じく、傾向や範囲があります。その範囲に沿って勉強していけば、例え模試の成績が芳しくなかったとしても少しは安心できます。後はまわりに流されない強い意志を持つことです。私は担任から「もう少し安全圏の大学を受験するべきだ」と言われましたが、志望大学はどうしても譲れなかったので出願しました。結果は合格、担任を驚かせることが出来ました。報われない努力はありません。最後まで諦めずに戦った人が勝ちます。頑張ってください。