大阪市立大学 商学部 合格

 name I.Rくん
 school 豊中
 club 陸上

大阪市立

僕は神戸大学の経営学部という難関の国公立大学を志望していました。しかし予備校には通わずに頑張ろうと思いました。家の近くに予備校が無かったということもありますが、そう決心した一番の理由は、自分がしたいと思った教科を好きな時に好きなだけ勉強できるからです。
例えば授業の際の先生の質問で、すでに習った分野にも関わらず答えられなかった場合、放課後にその分野やそれに関連した事柄などをじっくり復習することで知識がさらに身についていきます。こういった勉強法はすでにやることが決められている予備校に通いながらとなると、こなすのはとても大変なことです。そして自分で選択して勉強ができるため、モチベーションの向上にも繋がります。
そういうわけで放課後になると自宅でガッツリ勉強したり学校に残って友達と協力して問題を解いたりと色々と工夫しながら受験勉強に勤しむ日々が続きました。

しかし自宅から学校まで距離が少しあるため、長期休暇に入ると自宅で勉強する機会が多くなり、その結果多少の中だるみが生じ始めました。そんな負の状況を改善できたのがイエヨビの夏期・冬期特訓でした。いつもとは違う環境、違う手法で勉強に取り組めるため、自分の新たな苦手を発見することができ、そして自分と似た成績を持つ人や自分よりも上の人と競い合うことで再び気持ちを引き締められました。
それに加えて、この特訓には数名の大学生スタッフも駆けつけてくださりました。数年前までは自分らと同じ立場だった方々なので、自分の今の現状などを気軽に相談することができました。これらの環境はすべて、予備校に通わない自分とってとても心強いものでした。

もちろん、出来るだけ多くの模試も受けました。とはいってもただ模試を受けるのではなく、自分の模試の解答を復習することが大切だと思います。そうすることで苦手な分野ともう一度向き合えたり、自分の成長を実感することができます。さらにそれを繰り返していく内に、少しずつではありますが着実に志望校に近づいているのが感じられ、自然と自信がついてきました。

そして絶対なる自信を持って臨んだセンター試験。ところが本番独特の緊張感や雰囲気にのまれ、冷静な判断ができなくなるときがありました。その結果、本番は最後の模試の点数をはるかに下回ってしまい志望校も変更せざるを得ませんでした。しかしそこで落胆しても何も始まらないので、気持ちを切り換えて二次試験の赤本をがむしゃらに、かつ問題の傾向を分析しながら解いていきました。

この頃になると学校での授業もなくなり、学校に行くこともなくなったので、分からない問題や不安要素がたまりました。そんな時にイエヨビの東大生指導が自分を助けてくれました。問題の質問や二次の取り組み方を東大生が解説を分かりやすく紙に書いて、時には電話で直接話したりすることで小さな悩みも解消されました。

そして、前期では自分の実力を十分に発揮することができ、見事大阪市立大学の商学部に合格しました。たとえ予備校に行かなくても国公立に現役で合格できるのだということを証明できてとても達成感を感じています。

さて、今になってのことですが、現役で国公立を合格できた要因の一つとして、高2の3学期から始めた英語の単語やイディオム・古語単語の暗記が良かったのではと思えてきます。「受験勉強は高3からでいい」と考える人も少なくないと思います。ですが、どれほど小さな事であっても高2の内から受験勉強を始めることが、のちに人よりも優位な立場でいられる、重要な支えとなります。

最後になりますが、受験勉強に取り組む上で一度は必ず何かしらの壁にぶち当たります。しかし現実を受け入れて冷静に物事を判断し、人よりも先手をとって行動することで、どんな壁も乗り越えて行ける力を受験生は秘めていると僕は思います。自分の無限の可能性を信じて、みなさんが志望大学に合格されることを心から願っております。そして、僕の経験、考えがみなさんの参考になれば幸いです。



他の国立大学合格者の体験記を読む

全ての合格体験記を読む