大阪大学 外国語学部 ビルマ語学科 合格

 name 梓さん
 school 松阪

大阪大学

私が高校生活において気を付けていた事は「当たり前の事はきちんとする」という事です。当たり前の事というのは「予習を毎日して提出物は期限までに終わらせ授業は真面目に受ける」という事です。これは口で言うのは簡単ですが実行するのは難しいです。
私は3年間部活をしていて忙しかったので正直これを継続するのは大変でしたが、絶対に第一志望に行きたいという気持ちがあったので頑張れました。

また部活と勉強を両立させるにあたって気をつけていた事は、部活を勉強の理由にせず、勉強を部活の理由にしない事です。私は家から学校までが遠く帰りも遅かったので眠くなる事もしばしばありましたが予習だけはしていました。どうしても眠い時は早めに寝て次の日の朝学校でしていました。

部活を引退してからは周りももう受験勉強の雰囲気があったので意外とすんなり勉強を始める事が出来ました。特に重要なのはやはり夏休みだったと思います。時間がたくさんあったのでスーパー講師の講義も多く受ける事が出来ました。しかし模試の結果は思うように伸びずとても不安でした。中でも一番気持ちが揺らいだのはセンター試験直後でした。数学で失敗し第一志望だったスペイン語学科は絶望的でした。大学を変える事も考えましたが第一志望は譲りたくなかったので挑戦することにしました。

そこからもう前だけを見てやれる事は全てやったのでもし不合格でも後悔はなかったと思います。このような受験を通して私は諦めない事がどれだけ大切か知りました。これからも日々努力したいと思います。



他の国立大学合格者の体験記を読む

全ての合格体験記を読む