大分県立看護科学大学 看護学部 看護科 合格

 name 咲希さん
 school 筑前
 club 生徒会執行

大分県立看護科学大学

私は大学受験を通して、目標設定の重要さと自分がどれだけ周りの人に支えられているかということに気付くことができました。

イエヨビに入会したのは高校2年生の3月で、成績はどん底でした。1年の頃から国公立大の看護科を目指していたので、文系教科しかできないけれど理系に進んでいました。本当に数学と理科の成績はひどかった・・・。そんな成績で口では国公立と言っているけれど、内心厳しいんだろうなと思っていました。
担当の方と面談をした時、志望校の候補としてあげてくださったのが、まさかの長大、熊大、九大でした。どこにする?って言われて直感で長大を志望校に。この時に下手に私立大などと決めなくて良かったと本当に思います。

それからはとにかく数学の基礎固めでした。数式が暗号にしか見えない私にとって数学は本当に苦痛でしかなく、最大の敵・・・。学校で先生や友だちに直接聞きにくいような基本的なこともチンプンカンプンだったので、授業は何度もくり返したり止めたり・・・。また、塾に通うことが厳しかったので、映像講義という利点を大いに活用することができました。
結果的にはセンター試験の数学を使わずに合格したのですが、苦手なことから逃げず真正面から向き合ったことは、点数ではなくほかの所に成果が出てくると信じています。
また、自習室もよく利用しました。家ではサボる自分を知っていたので自習室や学校に行き、とにかく勉強するように自分を追い込んでいました。

結局、第一志望だった長大は不合格で大分県立看護科学大学に後期で合格しました。1年前だったら前期ですら危うかったであろう大学に後期で合格し、あのとき九大を志望しておけば・・・なんて思ったりも(笑)。後期の勉強は覚悟していたけれど辛いものでした。でも、受験ができるのは当たり前のことではないし、最後までチャンスがあるって幸せじゃん!と気付きました。
スタッフの方、家族のおかげでたくさんのものを得ることができました。ありがとうございました。



サポートに関するものでよかった点
過去問セミナーはすごく役に立ちました。学校では具体的な使い方は説明されないので。

相談室、イエヨビのスタッフとの関わりでよかったことは
母とけんかした時、間に入ってくださったこと。センター試験前の電話。



他の国立大学合格者の体験記を読む

全ての合格体験記を読む