創価大学 文学部 人間学科 合格

 name 花蓮さん
 school 武蔵台
 club バドミントン

創価大学

合格までの道のり

私は2年生の冬にお母さんからイエヨビの話を持ち出され、話だけでも聞いてみないと聞かれ、話を聞いているとここなら受かりそうという気持ちになり、イエヨビにお世話になることになりました。

始めは、遊ぶこと、部活動を優先してしまっていました。だから、かなり勉強のスタートは遅い方だったと思います。そして、体育祭の時期にはチアリーダーになり、受験からは遠ざかってしまうようなことまでしてしまいました。しかし、やるからには両立しよう!という気持ちが強かったので、二つを両立する形で勉強をしていました。チアリーダーの練習が終わると、学校に残って勉強するなどして。

しかし、それから体育祭も終わり、受験シーズンになると全然成績も上がらず、たくさん悩みました。受かるのかな?という不安もありましたが、周りの友だちの支えや共に頑張る仲間、お母さんの支え、イエヨビさんの支えがあり、自然ときついという気持ちはありませんでした。

そして、私が受験を通して気づいたことが諦めないことです。諦めなければ必ず自分の志望校に合格することができると思います。周りの人のためにも支えてくれた分、頑張ろうと思えると思います。

今から受験を迎えるみなさん、頑張ってください。応援しています。



講義、テキストなど勉強に関するものでよかった点
講義の世界史と英語はとても役に立ちました。とくに世界史は何度も繰り返して見ることで世界史の流れを掴むことができるので、本当に役に立ちました。
また、私は古典が苦手だったけど、古典のテキストを何回もやることで点数UPに繋がりました!