京都大学 文学部 人文学科 合格

 name 古賀くん
 school 福岡

京都大学

僕は中学生のとき、全然勉強していませんでした。それでも受験期は頑張って、家から一番近い高校に合格しました。そして、最初のテストに中学時代と同じように、あまり勉強せずに臨むと400人中184番でした。
中学校のときはそれなりに上の方だったので、「これが高校レベルということか」と思い、諦めかけていましたが、担任の先生がその甘えを許しませんでした。担任のM先生はとても厳しく、予習が甘かったり基礎事項が疎かだったりすると、烈火のごとく怒りました。呼応の副詞の訳をすべて当てられたのは恐怖の記憶です。もう怒られるのは嫌だと思い、授業では寝ない、宿題・予習をちゃんとすることを心がけていると、1年の後半では成績が伸びてきました。

僕が京都大学をおぼろげながら目指すようになったのは、その時期です。三者面談でM先生に、「今のあんたのなら東大・京大狙えるよ」的なことを言われ、修学旅行で京都に行ったのが楽しかったこともあって、「京都大学、いいなあ」と思い始めました。
その気持ちが固まったのは、3年の時です。それまで塾に通ったことはなかったのですが、イエヨビさんからの打診を受けた時に、大学に受かるためには何か始めた方がいいかもと思っていたので、イエヨビを始めました。そして、決意表明を書くときに迷ったのですが、京都大学を目指すと宣言しました。親に宣言したので、もう引き下がりたくないという気持ちになりました。

個人的に助かったのは、世界史です。京大は2次で地歴が出るのですが、僕はどうも苦手でした。しかし、講義で聞き流してしまったところは戻しながら聞くと、理解しやすく流れがつかめました。
学校の補習に出ながらプランをこなすのは大変で、遅れたり雑になったりしましたが、合格できた喜びは格別でした。頑張ってよかったです。



講義、テキストなど勉強に関するものでよかった点
世界史の流れを覚えるのが、学校の授業だけだと難しかったのですが、イエヨビの講義だと頭に入りやすかったです。

イエヨビのスタッフとの関わりでよかったことは
気が抜けてしまいそうな時に、電話やメールで激励の言葉をかけていただいて、なんとか試験を乗り切ることが出来ました。




他の国立大学合格者の体験記を読む

全ての合格体験記を読む